Report
今年も、去年と同じ3/8(土)に、NORUさんとえまおさんの「トークと歌で綴る2人だけの同窓会 Part2」と題したトークサロンが東京會舘で行なわれました。

『魅惑のサンバ』の映像が流れ、会場のざわめきが収まらない中、曲の終わりで二人が登場。まずは自己紹介というところから、あいかわらず二人のトークは暴走気味です。
今回は、会場の皆さんに分かり易いようにとのことで、昔の舞台の映像見てから、当時を思い出してトークをするという趣向がありました。『誠の群像』『我が愛は山の彼方に』『パッション・ブルー』『黄金のファラオ』『花の業平』など、二人の懐かしい場面が流されると、当時の舞台の思い出や、裏話が次々と展開されます。

今回は、なんとこのトークサロンの一部がスカイ・ステージで放映されるとのことで、放送カットにならないように気をつけると、えまおさんが最初に宣言されていたものの、ギリギリ・トークも多数あって会場は何度も爆笑の渦に巻き込まれていました。
  映像&トークの後は歌のコーナーです。えまおさんは『殉情』、NORUさんは『ただひとつの愛』を歌われました。そして、歌の後で、二人は会場後方のステージへ移動したので、後方席の方にも、お二人を真近で観ることができたのではないでしょうか。ここでも、あらかじめ会場の皆さんから寄せられていた質問に、二人は漫才のようなトークを交えて答えていました。

2回目の歌のコーナーではピアノの生伴奏で、えまおさんが『Don't say give up』を、NORUさんが『あの空の星に』を歌いました。そして、オープニンクと同様の『魅惑のサンバ』を、今度はピアノ伴奏で、二人は客席を歌いながら去っていきました。

スカイ・ステージは5月放映予定とのことですので、当日参加出来なかった方も、お楽しみに!
 
Other Report

[Home} [Message] [Information] [Photograph]